【節約!!】ガス代を安くする3つの方法

ガス代だけが何故かとても高いと感じたことはありませんか?
特に冬場のガス料金はバカになりません。
しかし、しっかりとガス料金と向き合えば月々の支払いを半額にすることも出来ます!

今回はガスの種類から節約方法まで一挙に紹介いたします。

スポンサーリンク

ガス代の平均額

ガス代の平均

夏 ¥2408

冬 ¥4155

となっており冬の方が倍近くたかくなっています。
冬季はガスファンヒーターなど暖房器具をするのでかなり高くなります。

ガスの種類を理解して節約!!

ガスは大きくまとめると都市ガスとプロパンガスの2種類に分けられます。
それぞれにメリットとデメリットがあるので少し説明します。

都市ガス

メタン(燃える気体)を主な成分に持つ天然ガス。海外から輸入する液化天然ガス(LNG)が大半を占めます。料金は基本的にプロパンガスに比べ安いです。

メリット
・料金が安い
・安全性が高い

デメリット
・初期費用が高い

プロパンガス(LPガス)

ブタンやプロパンが主成分のガス。液化したガスを充てんしたボンベを各家庭に供給するものです。自由料金制のためガスの価格は販売店によって異なりますが賃貸の場合アパートマンションごとに大家さんが会社を選んでいるので個人での契約はできません。

メリット
・都市ガスに比べ熱量が高い
・災害時の復旧が早い

デメリット
・料金が高い

プロパンガスと都市ガスの見分け方

都市ガスは地中に埋められたガス管を通り各家庭に供給されているため見分けがつきませんが、プロパンガスはガスボンベがご自宅の近辺にあるのでそれを確認すればすぐにわかります。
逆に言うとガスボンベがない家は都市ガスだと言えます。

どうして安い都市ガスを選ばないのか

都市ガスは地中に埋められたガス管を通り各家庭に供給されており、ガス管が設置されていない地域では使用することができません。
現在では全世帯の約半分のご家庭がプロパンガスを使用しています。

ガス会社は変更することができる(自由化)

2017年4月にガスの自由化が始まり、都市ガス、プロパンガスともに、ガス会社を自由に選べるようになりました。
しかしアパートやマンションなどの場合、ガス会社を選ぶ権利は大家さんにあるため個人での変更は出来ません。
なのであまりにもガス代がきになる場合は大家さんか管理会社に相談してみましょう。
とは言え、地域ごとに最適なガス会社を探すのって大変ですよね?

そんな時に便利のなのがこちら!
エネチェンジのガス比較
最適なガス会社を簡単に探してくれます。

スポンサーリンク

来月からのガス代を節約する方法!!

・ガス会社を見直す。
・シャワーなどの温水を使う時間を1分1秒短くする意識を持つ。
・浴槽に保温シートも用いて追い炊きの回数を減らす。

まとめ

今回はガス代の節約法について書きました。
一番手っ取り早く料金を安くする方法は『ガス会社を変更』することです。
その他日常生活で無駄をなくすことも大切です。

今回お伝えしたことを是非実践してみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です